MENU
紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

色彩診断治療

色彩診断治療とは

「色彩診断治療」とは、文字どおり色(カラー)を用いて痛みを取り除いたり、病気を治そうという、これまでには全く考えられなかった治療法です。
当然世界初の試みでもあります。薬の薬効成分と同じように効果がある色を用いて病気を治す、つまり服薬せず色を身体に貼るだけで病気が治ったとしたら、また服用した薬の効能を生かす役割をしてくれるとしたら、これほど素晴らしいことはないでしょう。
患者さんにとっては、検査で辛い思いをしなくてもカラーで診断ができる症状があり、薬の心配もなく費用だって安く済みます。

なせ?色で病気が治るのでしょう?痛みがとれるのでしょう?

我々のカラダは骨や筋肉や血管、神経、各種の臓器で成り立っていますね。
骨が痛めば骨粗しょう症に、胃が痛めば胃炎になります。骨や胃は細胞で出来上がっています。これらの細胞が正しく働いていれば、我々は健康に生活できます。
しかし、これらの細胞が異常な状態になると、胃の痛みや骨の痛みとなって我々を苦しめ、病気の状態にします。
ところで、色は波長であリ電磁波であり、我々の眼の網膜でそれらの波長が捉えられ色として認識されています

色彩診断治療の原理

障害を受けた細胞から出る波長(電磁波)に対して、それと同じ波長をもった色(電磁波)をカラダの必要な部分に貼付することにより、色の波長(電磁波)が病気の波長を打ち消して細胞や組織を正常化させていくのが、この治療の基本的な原理なのです。

病変部位の電磁波(周波数)を対になる電磁波(カラー)で打ち消すことで正常な状態(波長の平定化)に戻すことができると考えられます。(波長の逆位相による作用)

病巣の波長に対して、カラーの波長が逆位相に働いて病気の波動を打ち消し、病気の治癒を促進させるのです。
それにより、痛みが瞬時に無くなったり、病気が改善に向かうのです。カラー治療は痛みを取ったり、症状を緩和させるだけの対症療法ではなく、細胞や臓器に直接働きかけて治癒を促進させると考えられます。

治療の実際

1)カラーの選択

患者さんの悪いところを中指(指先百会)を合わせ、薬指と母指でパワーテストを行い悪い所を特定します。悪い所を特定したら、その部位に手を当てて、パワーテストで必要なカラーを選び出します。パワーテストは通常、先生や助手の指が開<か閉じるかによって、患者さんにとって必要か不必要なものか選択する方法です。当院のパワーテストは一人で行います。

2)カラーの貼付

選び出された、カラーを病気の部分に貼ることにより痛みや病気を治療します。病気の部分に、直接貼付する場合もありますが、足や手、耳などの病気を癒すツボや臓器代表領域に貼付する場合があります。
どのような貼り方が有効かは、病気の状態や病気の種類によって異なります。
カラーの入った探索棒で患者さんの悪いところや、病気に必要なカラーを見つけます。

3)臓器代表領域とは?

胃や肝臓などの体のあらゆる臓器はカラダの手や足、耳など一見全く関係が無いようなところに、これらの臓器と強く関連する部位があり、これらの部位を治療することにより胃や肝臓の病気が癒されます。これらの場所を臓器代表領域と呼びます。

4)カラーの効果はいつまで続くの?

年齢や季節、肌の状態にも寄りますが、通常1週間前後と考えられます.その期間を過ぎますと効果が現弱するとともに、肌のトラブルになりますので、剥がして清潔にしていただくことが望まれます。
肌の状態が不良ですと、次回のカラー治療の効果が弱まる可能性があります。

適用疾患

現在、カラー治療に用いられるカラーの数は、神経や血管、細胞のカラー、膝や腰の痛みのカラー、胃や肝臓、腎臓などの臓器のカラー、リウマチや肺炎などの各病気のカラーなど、4000種類以上の病気別のカラーがあります。これらのカラーを組み合わせて、また耳や足、各病東部に貼ることで治療していきます。ほとんどの疾患に対応したカラーが準備されています。また不足の部分に関しては日々、随時研究開発されております。詳細は病院、治療院へお問い合わせください。

料金
20枚まで 5,400円
21枚目以降 1枚につき200円

当院へのアクセス情報

ふじた針灸接骨院


所在地〒512-1202 三重県四日市市あがたが丘1-20-7
電話番号059-325-4976
駐車場7台(専用駐車場)
休診日月曜午前、日曜・祝日
お盆、正月、GW
院長藤田 武俊