LINE TEL

脊柱管狭窄症 | 四日市で腰痛、肩こりの実績で選ぶならふじた針灸接骨院

お問い合わせはこちら

脊柱管狭窄症

こんなつらい症状はありませんか?

下記のような症状があれば、四日市のふじた針灸接骨院までご来院ください。

上記のような症状があれば、脊柱管狭窄症の可能性があります。

脊柱管狭窄になるとお尻や腰、足に痛みや違和感が出てきます。

主に下肢にかけて症状が出るため、椎間板ヘルニアとも似ています。

下肢が痛いと歩きにくく、普段の生活もつらいですよね…。

放置せず、お早めに四日市のふじた針灸接骨院までご相談ください!

当院では、まずは丁寧にカウンセリングします。そしてお客さんに合わせ、手技を中心に痛みを改善していきます。

一時しのぎではなく、再発しにくい体作りを目指します!

脊柱管狭窄症になる原因は?

脊柱管狭窄症になってしまう原因には、

・加齢

・仕事

・腰の病気

などが考えられます。

上記をきっかけに、背骨が変形しやすいのです。

背骨が変形すると、脊柱管が狭くなってしまいます。そのせいで中の神経が圧迫され、血行が悪くなるでしょう。

血行が悪くなると腰や足の痛み、しびれが起こりやすくなります。

圧迫される神経の場所によっても痛み方は違うため、お客さんによって症状は違うでしょう。

脊柱管狭窄症をどのように改善するの?

四日市のふじた針灸接骨院では、施術前後でしっかり検査します。

お客さんの体の重心、安定具合や変化もしっかりチェックします。

手技によって血行を改善し、痛みやしびれの症状を和らげます。

脊柱管狭窄症は、手術しなくても改善する見込みが十分あります!

足が麻痺して尿が出せないほどになると、重症です。公的医療機関での治療が必要でしょう。

重度でなければふじた針灸接骨院で施術を受け、改善する可能性は十分あります。

当院では薬や手術では治しません。

温熱療法や筋肉の血行改善により、脊柱管狭窄症の症状を楽にしていきます。

脊柱管狭窄症を予防するには?

脊柱管狭窄症を予防するには、普段の生活習慣にヒントがあります。

・背骨のストレッチをする

・腰に負担をかける動作を控える

長時間のデスクワークは、腰に大きな負担がかかりやすいです。こまめに休憩を入れ、ストレッチすることをおすすめします。

腰を回す、反らすだけでも良いエクササイズです。

体操で背骨を動かすのもいいでしょう。椎間板のずれ、背骨の変形を防ぎます。