LINE TEL

生理痛 | 四日市で腰痛、肩こりの実績で選ぶならふじた針灸接骨院

お問い合わせはこちら

生理痛

生理中に起こりやすい症状の一つに、「生理痛」があります。

生理痛がまったくないお客さんや軽いお客さんもいれば、重くて毎月苦しむ女性もいます。

下記のような症状があれば、お早めに四日市のふじた針灸接骨院までご相談ください!

生理痛は、「月経痛」とも呼ばれ、主に腹部の痛みです。

受精卵が着床しない場合は、生理があります。

生理前は子宮内膜が厚くなりますが、生理が始まるとその役目を終えます。

その時、血液と一緒に体外に出されるのですね。

この時、痛みのもとになる物質が分泌されます。

この物質によって、生理痛が起こります。

痛みを引き起こす物質が多く分泌されるほど、生理痛は強いです。

子宮周辺の充血、うっ血によっても生理痛はつらくなるでしょう。

腹痛があっても、軽度なら作業を淡々とこなせます。寝込んでしまう程痛いのは重度の生理痛です。

病院に行けば、生理痛を和らげる薬を処方されるでしょう。

しかし、薬に頼らず改善する見込みもあるんです!

薬に頼らず、毎月の生理痛を緩和したくないですか?

四日市のふじた針灸接骨院では薬による対症療法はしません。

3つの国家資格を持ち、生理痛の施術の経験も多い院長がサポートします!

生理痛はどうして起こるの?

生理痛が起こる原因は一つだけではありません。

・精神的、身体的なストレス

・子宮の未発達

・子宮内膜症

・子宮筋腫

などが考えられます。

毎月生理痛で困っているお客さんがいる一方で、まったくないお客さんもいます。それだけ個人差があるのです。

生理痛はどのように改善する?

寝込んでしまう程痛みがひどく、経血の量が異常に多いなら病院で相談する必要があります。

生理痛が重いわけには、病気が背景に隠れていることがあるからです。

この場合は病院での対処が必要ですね。

しかし、特に病的な異常がなければ、ふじた針灸接骨院でも対応可能です!

・妊娠中で子宮頸管が細すぎる

・体質的に痛みの物質の分泌が多い

・ストレス

などで生理痛が強い可能性があれば、ふじた針灸接骨院までご来院ください!

若い女性は、痛みの物質が必要以上に分泌されることで痛むことが多いです。

また、精神的なダメージや肉体的なストレスで生理痛がひどくなることもあります。

ぜひ一度ふじた針灸接骨院までご相談ください。

生理痛を予防するには?

・ストレスをためない

・生理前から生理中は飲酒を控える

・生理のサイクルを把握し、生理中は休めるようにする

まず、ストレスをためこまないことが第一です。

リラックスして、無理せず休養していると生理痛が楽になるケースもありますよ。