MENU
紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

冷湿布とホットパックの方法➀

2017.10.04 | Category: YNSA,しびれ,めまい,カイロプラクティック,スポーツ,トレーニング,五十肩,交通事故、労災(鞭打ち、むちうち),冷え症,坐骨神経痛,婦人科疾患,寝違え,接骨院,整体,東洋医学ってなに?鍼灸ってなに?,無痛ピンポイント骨格矯正,狭窄症,肩痛,背中痛,腰痛,膝痛,針灸,鍼灸,関節リウマチ,頭痛,首痛,骨格矯正,骨盤矯正

 一般的な原則は、急性の痛みには冷湿布を、慢性の痛みには温湿布を使う事になっています。しかし、実際には自分で使ってみて、使用感がよい物を使うのが一番良いと思います。つまり、慢性であろうが急性であろうが、貼ってみて気持ちが良いと感じるものがもっとも合っていると考えて良いのです。貼ってみて、冷たすぎて痛みを感じるようなときや、皮膚がひりひり痛く辛いようなときは、無理に貼っておく必要はまったくありません。そのようなときは、すぐにやめましょう。

当院へのアクセス情報

ふじた針灸接骨院


所在地〒512-1202 三重県四日市市あがたが丘1-20-7
電話番号059-325-4976
駐車場12台(専用駐車場)
休診日月曜午前、日曜・祝日
お盆、正月、GW
院長藤田 武俊