MENU
紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

腰痛で冷やす場合と温める場合➁

2017.10.04 | Category: YNSA,しびれ,めまい,カイロプラクティック,スポーツ,トレーニング,五十肩,交通事故、労災(鞭打ち、むちうち),冷え症,坐骨神経痛,婦人科疾患,寝違え,接骨院,整体,東洋医学ってなに?鍼灸ってなに?,無痛ピンポイント骨格矯正,狭窄症,肩こり,肩痛,背中痛,腰痛,膝痛,針灸,鍼灸,関節リウマチ,頭痛,首痛,骨格矯正,骨盤矯正

 寒冷療法にくらべると、温熱療法のほうは急性期から慢性期まで使用できる、わりあい安全域の高い(副作用の少ない)治療法といえるでしょう。どちらの場合も、治療中と治療後の患者様の気持ちのよさがよい治療指標になります。温熱療法をやってはいけない場合(禁忌)としては、腫れていたり熱をもっている場合(化膿性疾患)があげられます。

当院へのアクセス情報

ふじた針灸接骨院


所在地〒512-1202 三重県四日市市あがたが丘1-20-7
電話番号059-325-4976
駐車場12台(専用駐車場)
休診日月曜午前、日曜・祝日
お盆、正月、GW
院長藤田 武俊