MENU
紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

首の骨の障害 診断③

2017.07.18 | Category: しびれ,カイロプラクティック,スポーツ,トレーニング,ヘルニア,坐骨神経痛,接骨院,整体,東洋医学ってなに?鍼灸ってなに?,無痛ピンポイント骨格矯正,狭窄症,針灸,鍼灸,関節リウマチ,頭痛,首痛,骨格矯正

 医師は手の細かい動きについて尋ねます。首に傷害がある場合は、しばしば手の細かい動きがしにくくなります。しかし、とりわけ病状がゆっくり進行している場合には、患者様自身は手のぎこちなさを異常として意識していない事もあります。
 首の骨に障害があると、脚に力が入りにくいことがあります。医師は患者様に、ひざがガクガクと不安定になったり膝が抜けるような感覚がないか、とくに階段の昇り降りなどの際に手すりにつかまらないと不安を感じないかなどをたずねます。
 その他、患者様はしばしば足の裏に小さなつぶつぶを踏んでいるように感じるなどの知覚異常を自覚することがあります。

当院へのアクセス情報

ふじた針灸接骨院


所在地〒512-1202 三重県四日市市あがたが丘1-20-7
電話番号059-325-4976
駐車場12台(専用駐車場)
休診日月曜午前、日曜・祝日
お盆、正月、GW
院長藤田 武俊