MENU
紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

首の骨の障害 症状➀

2017.07.08 | Category: しびれ,カイロプラクティック,スポーツ,トレーニング,ヘルニア,接骨院,整体,東洋医学ってなに?鍼灸ってなに?,無痛ピンポイント骨格矯正,狭窄症,耳鳴り・難聴,針灸,鍼灸,首痛,骨格矯正

 首の骨(頸椎)に異常が起こると、首や肩、上肢(腕や手)にかけて痛みやしびれが生じることが多く見られますが、これらの症状は一般に急激に現れることはありません。
 これらは多くの場合、首や肩の筋肉が緊張したときに起こる違和感、指先で押したときに強まる痛み(圧痛)、しびれなどとして始まります。そしてしだいに手(上肢)や脚(下肢)、とくに手足の指先などの症状となって現れてきます。
 とくに首を前後に強く曲げると、首の後部や肩(肩甲骨)の周囲、それに上肢に痛みがビリビリと放散します。また首や肩、腕に、言葉では表現しにくいような不快な疲労感や脱力感が生じ、ときには手指や前腕に感覚の異常(知覚異常)を覚えることがあります。

当院へのアクセス情報

ふじた針灸接骨院


所在地〒512-1202 三重県四日市市あがたが丘1-20-7
電話番号059-325-4976
駐車場12台(専用駐車場)
休診日月曜午前、日曜・祝日
お盆、正月、GW
院長藤田 武俊