MENU
紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などに用いる仙骨硬膜外ブロック

2017.07.07 | Category: しびれ,カイロプラクティック,スポーツ,トレーニング,ヘルニア,坐骨神経痛,接骨院,整体,無痛ピンポイント骨格矯正,狭窄症,腰痛,自律神経症状,針灸,鍼灸,関節リウマチ,骨格矯正

 仙骨はお尻の真ん中にあります。この仙骨の先端には、仙骨裂孔といって骨で囲まれた空間が口を開いています。ここから局所麻酔剤を入れ、刺激を受けて興奮している神経を鎮めるわけです。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などで痛みの強いときによく使用します。腰痛だけでなく坐骨神経痛などの下肢の痛みにも有効です。外来でも行うことができますが、1~2時間の安静が必要です。使用するくすりは次の硬膜外ブロックと同じです。

当院へのアクセス情報

ふじた針灸接骨院


所在地〒512-1202 三重県四日市市あがたが丘1-20-7
電話番号059-325-4976
駐車場12台(専用駐車場)
休診日月曜午前、日曜・祝日
お盆、正月、GW
院長藤田 武俊