MENU
紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

痛みの時間を短くする消炎鎮痛剤➀

2017.07.03 | Category: カイロプラクティック,スポーツ,トレーニング,ヘルニア,坐骨神経痛,接骨院,整体,無痛ピンポイント骨格矯正,狭窄症,腰痛,関節リウマチ,骨格矯正

 消炎鎮痛剤は、剤型として内服薬と座薬、それに湿布や塗布剤などがあります。消炎鎮痛剤の役目は、文字通り炎症を抑えて、痛みをやわらげることです。一般に、腰痛はある程度の時間がたてば痛みはひいていくものです。消炎鎮痛剤は、この痛みの時間を短くするものです。これらのくすりは解熱作用ももっています。ほとんどの腰痛に比較的よく効きますが、根本的な治療法ではありません。また、痛みにはよく効きますが、しびれには効果が薄いようです。
 副作用としてはいろいろありますが、主なものは胃腸障害です。とくに胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍にかかっている人やかかったことのある人は、そのことを医者にきちんというべきです。また、医者もきちんと聞くべきだと思います。

当院へのアクセス情報

ふじた針灸接骨院


所在地〒512-1202 三重県四日市市あがたが丘1-20-7
電話番号059-325-4976
駐車場12台(専用駐車場)
休診日月曜午前、日曜・祝日
お盆、正月、GW
院長藤田 武俊