紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

理学療法とはどのようなものか➂運動療法は予防の意味が大きい | 四日市で腰痛、肩こりの実績で選ぶならふじた針灸接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 腰痛でお悩みの方 > 理学療法とはどのようなものか➂運動療法は予防の意味が大きい

理学療法とはどのようなものか➂運動療法は予防の意味が大きい

2017.06.28 | Category: 腰痛でお悩みの方

 これらの運動は、つづけて行うことではじめて意味のあるものになります。運動をつづけることは口でいうのは簡単ですが、実際にはなかなか困難です。毎日やるコツは、時間を決めて行うことです。たとえば、「朝起きたときと夜寝る前にベッドの中でやる」というぐあいにです。
 運動療法は、腰痛をおこさない日常生活の動作や姿勢とともに腰痛の自己管理の二本柱の一つです。たいへん重要ですが、運動をすることで痛みが増すようなら、まだ運動する段階まで治っていないか、その運動は自分に合っていないかのどちらかです。そういう場合は一度運動をやめて、医者と施術方針について相談しなおしたほうがよいでしょう。