紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

理学療法とはどのようなものか➁運動療法は予防の意味が大きい | 四日市で腰痛、肩こりの実績で選ぶならふじた針灸接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 腰痛でお悩みの方 > 理学療法とはどのようなものか➁運動療法は予防の意味が大きい

理学療法とはどのようなものか➁運動療法は予防の意味が大きい

2017.06.28 | Category: 腰痛でお悩みの方

 腰痛体操には二つの段階があります。第一は、腰椎の配列を正しくして筋や靭帯のこわばり(拘縮)を取り除くための運動であり、第二には、天然のコルセットである腹筋・背筋をもっと積極的に強化する運動です。腰椎の配列を正す運動は、腰椎の前弯をとる運動ということができます。腰痛は、腰椎の前弯が強まっているのが原因のひとつと考えられているからです。いっぽう、筋力の強化は、おもに腹筋を強化するのか背筋を強化するのか議論の多いところですが、実際的にはどちらも行うのがよいと思われます。