紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

理学療法とはどのようなものか➀運動療法は予防の意味が大きい | 四日市で腰痛、肩こりの実績で選ぶならふじた針灸接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 腰痛でお悩みの方 > 理学療法とはどのようなものか➀運動療法は予防の意味が大きい

理学療法とはどのようなものか➀運動療法は予防の意味が大きい

2017.06.28 | Category: 腰痛でお悩みの方

 運動療法は一般に腰痛体操といわれることが多いのですが、腰痛の強いときにはむしろやってはいけないのです。こうした運動は、腰痛の軽いときや腰痛のないときに再発予防として行われるべきもので、その意味では「腰痛体操」ではなく「腰痛予防体操」と呼ぶべきだと思います。つまり、急性期で腰痛が強く動くこともままならないときにはあくまで安静第一であり、腰痛がおさまってきたころにはじめて体操にとりくむのがよいでしょう。