紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

理学療法とはどのようなものか➀ホットパックで血行をよくし、緊張をとる | 四日市で腰痛、肩こりの実績で選ぶならふじた針灸接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 腰痛でお悩みの方 > 理学療法とはどのようなものか➀ホットパックで血行をよくし、緊張をとる

理学療法とはどのようなものか➀ホットパックで血行をよくし、緊張をとる

2017.06.28 | Category: 腰痛でお悩みの方

 牽引のほかによく利用される理学療法にホットパックがあります。これは温熱療法の一つで、熱容量の高い保熱剤を温めて腰にあて、徐々に放熱するものです。血行をよくし、筋肉の緊張をとり、鎮痛効果もあります。牽引をしているときに併用することもあります。温熱療法をやってはいけない病気は少ないのですが、化膿性脊椎炎のような炎症性の病気には用いません。また、効果がないのにいつまでもつづけるのもよくありません。