紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

理学療法とはどのようなものか | 四日市で腰痛、肩こりの実績で選ぶならふじた針灸接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 腰痛でお悩みの方 > 理学療法とはどのようなものか

理学療法とはどのようなものか

2017.06.28 | Category: 腰痛でお悩みの方

整形外科の施術には、牽引や体操などの理学療法、装具による施術、くすりによる薬物療法、各種の神経ブロックなどがあり、これらを保存方法といいます。また、どうしても必要ならば、病気の内容によっては手術ということもあります。腰痛の原因によっていろいろの施術を組み合わせていくのですが、ここではそれぞれの施術法について個々にのべていきます。ここではそれぞれの施術法について個々にのべていきます。まずは理学療法から紹介しましょう。
 理学療法の理学とはphysicalの邦語訳で、物理の意味です。つまり、力学的な手法や熱を使って施術に応用していくものです。一般にいわれている「リハビリ」がこれにあたると考えてよいと思いますが、厳密にいえば、リハビリテーションはもともと社会復帰を意味するもので、単に理学療法だけを意味するものではありません。
 腰痛の施術に応用される理学療法にはどのようなものがあるか、またどんな場合に利用するのか(適応)、どんな場合にしてはいけないのか(禁忌)について説明しましょう。