紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

腰痛の施術➀ぎっくり腰の場合は症状をみて決める | 四日市で腰痛、肩こりの実績で選ぶならふじた針灸接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 腰痛でお悩みの方 > 腰痛の施術➀ぎっくり腰の場合は症状をみて決める

腰痛の施術➀ぎっくり腰の場合は症状をみて決める

2017.06.27 | Category: 腰痛でお悩みの方

よくいわれるぎっくり腰の場合はどうでしょうか。腰の痛みが強くて、きっと動くこともままならないでしょう。しかし、「足のほうへ響く痛みやしびれはないか」「おしっこのぐあいはどうか」などに注意してください。こうした症状がなければ、腰痛がある程度おさまるまで家で安静にしていても大丈夫です。
 では、どのようにして安静を保てばよいのでしょうか。腰痛のひどいときは、仰向けになって休むとかえってつらいことが多いものです。横向きになって、エビのように少し丸まって寝てみたらどうですか。それで楽なら、それでいいのです。仰向けでも、膝の下に枕を入れて休むと楽なことがあります。要は、いちばん楽な姿勢を見つけて、それで痛みがひいていくのを待てばよいのです。