紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

腰痛の施術 必ず医者に診てもらったほうがよい場合 | 四日市で腰痛、肩こりの実績で選ぶならふじた針灸接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 腰痛でお悩みの方 > 腰痛の施術 必ず医者に診てもらったほうがよい場合

腰痛の施術 必ず医者に診てもらったほうがよい場合

2017.06.27 | Category: 腰痛でお悩みの方

 必ず医者に診てもらったほうがよい場合は三つあります。
 一つは、腰の痛みが非常に強く、顔が真っ青になるほど痛んでいるときです。こんなときは、こちらがなにもいわなくても、きっと救急車を頼むなりしてやってくるでしょう。
 二つめは、腰の痛みと同時に、おしっこをしたくても出すことができない状態(尿閉)になっている場合です。これはもっとも緊急性が高く、一時間のむだも許されません。
 三つめは、腰の痛みだけでなく、下肢の筋力低下やしびれをともなう場合です。
 この三つの場合には、少々忙しくても早く医者に診てもらったほうがよいでしょう。