紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

首の構造と働き②運動機能と支持機能 | 四日市で腰痛、肩こりの実績で選ぶならふじた針灸接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 肩こり、頭痛でお悩みの方 > 首の構造と働き②運動機能と支持機能

首の構造と働き②運動機能と支持機能

2017.06.25 | Category: 肩こり、頭痛でお悩みの方

 筋肉は、隣り合った骨どうしに締め付ける力を及ぼすと同時に、多くの骨を統合して首を前後左右にたわませる働きをしています。正常な首は前方に凸のカーブをとっている。すなわち前方に湾曲しており、この状態を「前弯」と呼びます。
 ひとつひとつの頸椎は、椎骨と靭帯(前縦靭帯と後縦靭帯)、それに筋肉からなる精密な運動系をつくっていますが、これはもともと痛みを生じやすい構造です。これらの要素から生じる痛みは「筋骨格系の痛み」と呼べるでしょう。これに関してはほとんど保存的な施術で対処することができます。