紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

内科的な症状と間違えることもある骨粗鬆症、圧迫骨折 | 四日市で腰痛、肩こりの実績で選ぶならふじた針灸接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 腰痛でお悩みの方 > 内科的な症状と間違えることもある骨粗鬆症、圧迫骨折

内科的な症状と間違えることもある骨粗鬆症、圧迫骨折

2017.06.21 | Category: 腰痛でお悩みの方

 骨の量が減ってくるのは、30歳代をほぼピークとして、だれにでもおこることです(生理的な現象)とくに女性の場合は、閉経を機会に骨の守り手の一つである女性ホルモンが減るために、男性にくらべて骨の減りかたが激しいのです。このため、女性では骨の量が減りすぎていろいろの症状がでる、骨粗鬆症になりやすいのです。
 高齢の女性では骨の量が減って、わずかな外力(しりもちをついたり、布団をしまおうとしたりして)で圧迫骨折をおこしやすくなり、それがたびかさなると背中が曲がってしまうこともあります。このような場合、背中や腰の痛みだけでなく、帯を締めたようにおなかのほうへ痛みが伝わってくることがあります。このため、内科で胃の検査を受けたりするのですが、胃下垂や慢性胃炎と診断されてしまう場合がよくあります。もちろん内科的な施術もたいせつですし、なにより胃の病気の有無を調べることは意味がありますが、あわせて骨の施術を行うと、背中から伝わってくるおなかの痛みに非常に有効なことがあります。