MENU
紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

Blog記事一覧 > 接骨院,腰痛 > 腰痛の原因にはどのようなものがあるか④変形性脊椎症

腰痛の原因にはどのようなものがあるか④変形性脊椎症

2017.06.20 | Category: 接骨院,腰痛

 変形性脊椎症とはエックス線的な診断名です。エックス線写真をみて、「骨の棘」が出ているという説明を受けることがあると思いますが、この骨の棘がこの病気を示す典型的な像です。しかし骨の棘が、チクチクとからだに触って腰痛がおこるものではありません。したがって棘を手術で取らなくてはいけないなどと考える必要はありません。
 そもそもこの「棘」は長いあいだ苦労してきて、腰にも無理を強いてきたのがその原因です。腰も、さらされたストレスに対抗しようと「棘」を伸ばして、支えを強くしようとしたものといえます。ですから、りっぱな「骨の棘」ができあがると、腰の動きが制限されて、かえって腰の痛みがなくなってしまうこともあります。エックス線写真でみた変形性脊椎症の重症度と実際の患者様の痛みとがかならずしも一致しないのは、このような理由によります。
 「骨の棘」がたくさんできていると説明を受けたら、自分の腰に手をあてて、「よく頑張ってきたね」といたわってやりましょう。「これからもよろしく」ともいっておきましょう。

当院へのアクセス情報

ふじた針灸接骨院


所在地〒512-1202 三重県四日市市あがたが丘1-20-7
電話番号059-325-4976
駐車場7台(専用駐車場)
休診日月曜午前、日曜・祝日
お盆、正月、GW
院長藤田 武俊