MENU
紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

Blog記事一覧 > 五十肩,接骨院,東洋医学ってなに?鍼灸ってなに?,無痛ピンポイント骨格矯正,肩こり,腰痛,膝痛,頭痛,首痛 > 肩凝り・腰痛についての相談➁なぜ左の肩だけこるのでしょうか?

肩凝り・腰痛についての相談➁なぜ左の肩だけこるのでしょうか?

2017.06.16 | Category: 五十肩,接骨院,東洋医学ってなに?鍼灸ってなに?,無痛ピンポイント骨格矯正,肩こり,腰痛,膝痛,頭痛,首痛

 デスクワークのときに左手と右手の役割を考えてみると、右手は書く行為が多く、この場合は肘を机についています。左手は右手に比べると出番は少ないのですが、ページをめくったり、書類を取ったり置いたり、消しゴムを取ったりなどという作業が頻繁にあり、この場合は肘は机についてない状態で浮いています。どちらの方が頸や肩の筋肉の負担が大きいかは自明でしょう。VDT(コンピュータやワープロなど)も同様で、キーボードの作業は左右同一でも、原稿や資料は左手で処理することが多いのが一般的です。このようなことはあらゆる作業に考えられ、左手の重要さが強調される所以です。ですから、どちらかといえば右よりも左の方がこる人は多いようです。
 また、食卓の左側にテレビがあるような場合や会議の席で上司や司会が常に左側にいる場合なども同様ですが、この場合は右も同様の比率であると考えられます。

当院へのアクセス情報

ふじた針灸接骨院


所在地〒512-1202 三重県四日市市あがたが丘1-20-7
電話番号059-325-4976
駐車場7台(専用駐車場)
休診日月曜午前、日曜・祝日
お盆、正月、GW
院長藤田 武俊