MENU
紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

Blog記事一覧 > 五十肩,接骨院,東洋医学ってなに?鍼灸ってなに?,無痛ピンポイント骨格矯正,肩こり,腰痛,膝痛,頭痛,首痛 > 肩凝り・腰痛についての相談①どうすれば腰痛・肩こりが予防できますか?

肩凝り・腰痛についての相談①どうすれば腰痛・肩こりが予防できますか?

2017.06.15 | Category: 五十肩,接骨院,東洋医学ってなに?鍼灸ってなに?,無痛ピンポイント骨格矯正,肩こり,腰痛,膝痛,頭痛,首痛

[腰痛の予防について]
1.不良姿勢の矯正
 腰痛の最大の原因となるのは前弯増強姿勢です。この姿勢の極端な例では、お腹を突出し、出尻で上半身が反り返った状態になります。腰痛患者様を立位で横から観察すると、一般的に前弯増強気味であることが多く、このような腰椎の状態は、力学的にL3~L5間の椎間関節の傷害(炎症)による腰痛を生じやすいものです。
 この姿勢の矯正法は「腰椎の平坦化」を行うことです。その簡便法は立位で尾骨の下方の殿部中央にコインを置き、それを両方の殿筋で強く挟むように力を入れると骨盤(恥骨)が上方に回旋し、それに伴い腰椎の前弯増強が改善されます。また、前屈で重量物を持ち上げる際にも必ず膝関節を屈曲することが大事です。このような諸注意を日常生活の中で心がけるように説明し指導すれば、腰痛の予防に効果的です。

当院へのアクセス情報

ふじた針灸接骨院


所在地〒512-1202 三重県四日市市あがたが丘1-20-7
電話番号059-325-4976
駐車場7台(専用駐車場)
休診日月曜午前、日曜・祝日
お盆、正月、GW
院長藤田 武俊