紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

肩凝り・腰痛についての相談③腰痛や肩凝りはどうして起こるのですか? | 四日市で腰痛、肩こりの実績で選ぶならふじた針灸接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 未分類 > 肩凝り・腰痛についての相談③腰痛や肩凝りはどうして起こるのですか?

肩凝り・腰痛についての相談③腰痛や肩凝りはどうして起こるのですか?

2017.06.14 | Category: 未分類

【肩こりの発症機序について】
1.内臓性の肩こりについて
 もし、総合病院で「急に生じた強い肩こり」を主訴とするお客様に「何科にかかったらいいでしょうか?」とたずねられたら、ためらわずに「内科を受診すべきです」と答えたいと思います。もし、肩こりは筋肉の異常であるからイコール整形外科という公式めいた発想をしていたのでは、肩こりの針灸臨床は非常に幅の狭いものになってしまいます。
 確かに肩こりの部位は僧帽筋をはじめとする筋肉であり、頸椎の異常など整形外科的な要因が多いのは事実ですが、肩こりの発症機序の背景には実に様々な要因が存在します。その中でも針灸臨床で最も注意すべきものは肺、心、胃、肝、膵などの内臓疾患によって生じた肩こりでしょう。これは内臓体性(体壁)反射による筋緊張です。
 成人病年齢のお客様で、これまでほとんど肩こりを自覚しなかった人に頑固な肩こりが続いている場合には、まずこのケースを考えることが大切です。このような肩こりは重要疾患の抹消症状としてお客様に自覚されることも多いでしょう。「たかが肩こり」と侮ることなく「されど肩こり」と心して、肩こりの原因となっている重要疾患を推測するなど慎重な対応が必要です。