LINE TEL

腱鞘炎 | 四日市で腰痛、肩こりの実績で選ぶならふじた針灸接骨院

お問い合わせはこちら

腱鞘炎

腱鞘炎の症状は?

このような症状は出ていませんか?

腱鞘炎の主な症状は、手首が腫れて動かすと痛みがひどくなることです。

炎症があるため、腱が普通通りに動きません。

腱に近い関節はとりわけ動かしづらいでしょう。動かすほど痛みが強くなります。

腱鞘炎が進行すると、「ばね指」になることがあります。

指の腱鞘炎がひどくなると、指の曲げ伸ばしができない場合があります。

指を伸ばそうとしても、引っかかって音が鳴ることもあるでしょう。

腱鞘炎の症状を放置せず、お気軽に四日市のふじた針灸接骨院までご相談ください!

当院は平日夜まで施術しております。

勤務後に通えるところをお探しのお客さんもいるでしょう。ぜひお気軽にふじた針灸接骨院までご来院ください。

腱鞘炎になる原因は?

腱鞘炎になるのは、親指を酷使して負担がかかっているからです。

腱鞘が分厚くなり、腱の表面が傷ついてしまいます。損傷することで炎症が起こり、痛くなるのですね。

手首の腱鞘の間に摩擦が生じ、炎症して腱鞘炎になるでしょう。

女性の場合はホルモンをきっかけに、腱鞘炎が生じることもあります。

下記の活動も指や手首を酷使し、腱鞘炎を引き起こす要因として多いです。

・スポーツ

・パソコン操作

・楽器演奏

・スマートフォン

運動や仕事で、手首や指を動かすことがある人にも多くみられます。最近では、スマートフォンの使いすぎで腱鞘炎になる例もあります。

慢性的に親指を使っていた中高年がなるケースもあります。

腱鞘炎を改善するには?

炎症が生じているため、炎症を誘発した作業は控えましょう。安静にしておくのが第一です。

湿布や固定器具を使って施術する方法もあります。

腱鞘炎が軽度なら、安静にしていれば自然治癒する場合もあります。

ただ、クセになっていると再発しやすいので気を付けましょう。再発を繰り返す場合、炎症が起きている腱を切開する選択肢も出てきます。大掛かりなので、当然避けたいですよね。

このような悪循環を避けるためにも、早めに四日市のふじた針灸接骨院で腱鞘炎を克服しましょう!

腱鞘炎を予防するには

予防するには、パソコンやスマートフォン、楽器演奏などで、指や手首を酷使しないことです。

酷使する予定の手首や指の準備体操を、あらかじめしておきましょう。

使用後も、指や手首のストレッチをよくしておきます。

腱鞘炎の再発を防ぐために何をすればいいかも、ふじた針灸接骨院で案内いたします!