LINE TEL

ゴルフ肘 | 四日市で腰痛、肩こりの実績で選ぶならふじた針灸接骨院

お問い合わせはこちら

ゴルフ肘

ゴルフ肘の症状

こんな症状があれば、お早めに四日市のふじた針灸接骨院までご相談ください!

肘に違和感や痛みが出やすい場合は、ゴルフ肘の可能性があります。

ゴルフ肘の特徴は、薬指と小指でモノを握ろうとすると痛むことです。

握った時、筋肉に負担がかかってしまいます。

肘の内側が引っ張られ、痛みが出るのです。

似た症状にテニス肘がありますが、テニス肘は関節の外側が痛みます。

ゴルフ肘では関節の内側に痛みが出ます。

肘だけ痛む軽い症状から、進行すると広範囲の痛みに変わっていきます。ゴルフを休んでいたとしても、日常的に肘が痛くて支障をきたすことがあります。

そのようなつらい症状を我慢せず、四日市のふじた針灸接骨院でゴルフ肘の施術を受けてみませんか?

院長である私は、3つの国家資格を持っています。一貫して私が施術を担当するので、お気軽にご来院ください。

ゴルフ肘の原因は?

ゴルフ肘の原因を簡単にいえば、肘や腕の筋肉を使いすぎたことです。

ゴルフ肘だからといって、ゴルフだけが原因とは限りません。

テニスプレイヤーでも、ゴルフ肘になることがあります。

肘や腕を酷使するスポーツ、仕事をしていればゴルフ肘になるリスクがあります。

尚、筋肉の使い方に問題がある場合も、ゴルフ肘になる可能性が高いでしょう。

手首から腕にかけ部分的に酷使し、ゴルフ肘になることもあります。

ふじた針灸接骨院でも、正しい筋肉の使い方についてご紹介しています。

お客さんがゴルフ肘を繰り返さないためにサポートいたします。

ゴルフ肘を解決するには?

安静にして筋肉を休ませれば、十分自然に回復していく見込みがあります。

応急措置としては、湿布を使って炎症を鎮静させます。

どうしても仕事で腕や手を使うことがあれば、あらかじめサポーターを巻いておきましょう。

衝撃が直接伝わるのを防ぎます。

日ごろから肩甲骨周辺に筋肉をつけ、鍛えておくのもおすすめです。

ストレッチや筋肉増強、ツボ押しも効果が期待できます。ふじた針灸接骨院にお任せください!

ゴルフ肘を予防するには

筋肉量が少ないと自覚しているなら、日常から筋肉を鍛えておきましょう!

ゴルフ肘は、場合によると治りにくい場合があります。

公的機関へ行くと薬を出されるかもしれませんが、根本的な解決にはなりません。

治ったと思っても再発を繰り返すことがあります。

四日市のふじた針灸接骨院では、短期間で再発しない施術をいたします。