LINE TEL

不妊症 | 四日市で腰痛、肩こりの実績で選ぶならふじた針灸接骨院

お問い合わせはこちら

不妊症

不妊症の症状とは

健康な男女が避妊せずに性行為をしているにも関わらず、1年以上子供ができない時、「不妊」といわれます。

女性も男性も、加齢とともに妊娠する力や、させようとする力が衰えます。

この理論に基づけば、やはり年齢が若い時に子作りをするのが望ましいですね。

とりわけ女性は、30歳以降になる少しずつ妊娠力が弱くなってきます。医学的には、20代のほうが妊娠には有利な年齢です。

35歳を過ぎると卵子の質が落ち、子宮内膜症の合併も増えてきます。

不妊症になるリスクが高くなるのです。

男性も、35歳以降から精子の質が落ちてくるといわれます。

いかにリスクの低い時に妊活するかも重要です。

とうはいうものの、現代は晩婚化が進んでいますね。

男性も女性も年齢がある程度上になってから、子供を望むケースは増えています。

四日市のふじた針灸接骨院は、不妊症を年齢で諦めません!

お客さんに合わせてより良い施術を提案いたします。妊娠を諦めず、ぜひ一度当院までご相談ください!

不妊症の原因

不妊症になる原因は複数考えられます。

女性側の原因と、男性側の原因とで内容は異なります。双方に原因があって不妊症の場合もあります。

【男性に考えられる原因】

・クラインフェルター症候群(ヒゲがまばらで胸が大きめ)

・甲状腺機能低下症

・糖尿病

・性機能障害

【女性に考えられる原因】

・生理周期が不規則

・精子が少ない

・精子の運動率が悪い

・極端な痩せ、ダイエット

・無排卵

・性感染症

・卵管が狭い、詰まっている

・精子を異物と捉える免疫因子

共通の原因

・加齢

・タイミングが合わない

産婦人科で不妊治療を受けていても変化がないお客さんも、四日市のふじた針灸接骨院で歓迎します!

不妊症の施術では何をするか

不妊症の施術でお金や労力の負担が少ない方法としては、タイミング法があります。

排卵日を予想しておき、その日に合わせて性交するのです。

自然的な方法ですので、タイミング法で受精できればそれが一番負担は軽いでしょう。

四日市のふじた針灸接骨院では、妊娠しやすい体質作りをしていきます。

温熱療法やツボの指圧、マッサージなどで、受精しやすい体質を目指します!

不妊症を予防するには

不妊症にならないためにも、下記に気を付けましょう。

・無理なダイエットで極端に痩せないこと

・月経周期を安定にする

・性感染症を予防する

・適正な体重を保つ

・高血圧や脂質異常など生活習慣病にならない

・禁煙

身近な生活習慣で予防できることも多いです。

ふじた針灸接骨院でも、妊娠しやすい体にするために日常からできることを案内しています。