LINE TEL

野球肩 | 四日市で腰痛、肩こりの実績で選ぶならふじた針灸接骨院

お問い合わせはこちら

野球肩

野球肩の症状は?

こんな症状があれば、お気軽に四日市のふじた針灸接骨院までご相談ください!

野球肩になると、当然野球などスポーツのパフォーマンスが悪くなりますね。ボールの速度が遅くなり、遠くに投げずらいでしょう。

野球肩は、投球動作を繰り返すことで大きな力が加わり、肩を痛めるスポーツ障害です。

なかなか改善しない野球肩の痛みがあれば、四日市のふじた針灸接骨院で改善します!

できる限り早く肩の痛みが解消するように努めます。

野球肩の原因は?

原因を簡単にいうなら、ボールなどを繰り返し投げて肩に負担がかかることです。

一言でいえば「オーバーユース」ですね。

投球の動作を過剰にすると、下肢や体幹の柔軟性、筋力が低下することがあります。

肩に大きな負担がかかって痛みが出てしまいます。

オーバーユースのほかに考えられるとすれば、下記の原因です。

・悪い投球の仕方

・成長期

・コンディション不調

投球によって肩を痛めないためにも、スポーツ前後に準備運動をしましょう。

クールダウンも欠かせません。

野球肩を改善するには?

野球肩になった時はしばらく野球をやめ、肩の安静を保ちます。

安静にして自然に野球肩が治癒することもあるのです。

なかなか治らない頑固な野球肩があれば、四日市のふじた針灸接骨院にお任せください!

お客さんに合わせて肩のストレッチをし、可動域を広げていきます。

無理なく筋肉を広げ、柔軟にしていきます。

肩のリハビリにもなるでしょう。

野球を早く再開し、パフォーマンスアップするためにもふじた針灸接骨院がサポートします!

当院では痛みの程度を分析しながら、お客さんに合った施術をいたします。

野球肩を予防するには?

野球肩を引き起こしやすいパーツを集中的に予防していれば、野球肩を未然に防げるでしょう。

野球肩を防ぐのに大事な要素には、

・筋力を鍛える

・肩の可動域を広げる

・正しい投球フォームを学ぶ

・トレーニング

などがあります。

スムーズに投球できても、そのフォームが間違っていたら肩を痛めやすいです。

正しい投球を知ることも、野球肩の対策になります。

その日のコンディションによっても、野球肩になりやすい場合がありますね。

いつでも安定したコンディションを維持するため、筋肉トレーニングも欠かせません。

筋肉を鍛えて柔軟にしていれば、肩の可動域は広がっていくでしょう。

そうすれば投球の時の負担に負けません!