MENU
TEL LINE

腰痛①

2018.06.12 | Category: YNSA,いなべ市,しびれ,めまい,カイロプラクティック,スポーツ,ダイエット,トレーニング,ヘルニア,不眠症,五十肩,交通事故、労災(鞭打ち、むちうち),冷え症,分離症,四日市市,坐骨神経痛,婦人科疾患,寝違え,川越町,接骨院,整体,朝日町,東員町,東洋医学ってなに?鍼灸ってなに?,無痛ピンポイント骨格矯正,狭窄症,耳鳴り・難聴,肩こり,肩こり治療,肩痛,背中痛,腰痛,腰痛治療,膝痛,自律神経症状,菰野町,針灸,鍼灸,関節リウマチ,頭痛,首痛,首痛治療,骨格矯正,骨盤矯正

「骨粗しょう症」・・・・・骨にすき間が出てきただけでは腰痛は起こりません。背骨がつぶれていても半数の人は症状がありません。したがって特別な場合を除いて、腰痛の原因とされているこれらの変化をただちに腰痛の原因とするのは大いに問題があります。

このため病院にかかる人が多く、レントゲン写真を撮ったら、変形があったため「(変形性)脊椎症」の診断がついているのではないかと思います。
もう一つは骨がもろくなっておこる「骨粗しょう症」です。
この病気は生理が止まる50歳頃から増えてきます。この病気で病院に通っている女性は男性の数倍以上にもなっているのです。
なぜ年をとると女性に腰痛が増えるのか骨の変化から説明するにはこの病気しかありません。男性に多い骨の変化では女性に腰痛が多い説明にならないし、「変性脊椎すべり症」などは数が少なくて統計上の影響は少ないからです。
したがって「骨粗しょう症」が中高年女性の腰の痛みと関係があるのかどうかが一つの大きな決め手になります。

当院へのアクセス情報

ふじた針灸接骨院


所在地〒512-1202 三重県四日市市あがたが丘1-20-7
電話番号059-325-4976
駐車場12台(専用駐車場)
休診日月曜午前、日曜・祝日
お盆、正月、GW
院長藤田 武俊