MENU
TEL LINE

検査では異常がない慢性の腰痛

2018.01.12 | Category: いなべ,いなべ市,しびれ,カイロプラクティック,トレーニング,ヘルニア,四日市,四日市市,坐骨神経痛,川越町,接骨院,整体,朝日町,東員,東員町,東洋医学ってなに?鍼灸ってなに?,無痛ピンポイント骨格矯正,狭窄症,腰痛,腰痛治療,自律神経症状,菰野,菰野町,針灸,鍼灸,関節リウマチ,骨格矯正,骨盤矯正

 腰痛はなぜ起こるのか・・・腰痛をもつ人にとっては原因が気になるものです。しかし、単純エックス線写真はもちろん、MRIでもCTでも、あるいは血液の検査でも、これといったら異常が見つからない腰痛もあります。このような腰痛は、新家学的な所見もなく、症状はいわゆる腰痛です。腰痛といっても鋭い痛みではなく、腰がはったような感じを訴えます。このような腰痛を、医者は筋筋膜性の腰痛と考えていますが、これを証明するリトマス試験紙のような検査はないのです。
 筋筋膜性の腰痛症に関連しますが、不良姿勢が腰痛の原因となることもよく知られています。推測になりますが、腰に負担のかかる姿勢が筋肉や筋膜あるいは椎間板にストレスを与え、このストレスを耐えようと筋肉が緊張して痛みがおきるのではないかと思われます。この痛みがさらにストレスの一つとなって、筋肉の緊張が高まり悪循環がつづくのだと考えられます。筋肉の緊張がつづくと、筋肉内の血管もつぶれて血液の流れが悪くなり、老廃物がたまりやすくなります。これがさらに悪い環境をつくりだすことになります。

当院へのアクセス情報

ふじた針灸接骨院


所在地〒512-1202 三重県四日市市あがたが丘1-20-7
電話番号059-325-4976
駐車場12台(専用駐車場)
休診日月曜午前、日曜・祝日
お盆、正月、GW
院長藤田 武俊