MENU
紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

腰痛は女性に多い?①

2017.11.08 | Category: YNSA,いなべ,いなべ市,ご案内,しびれ,めまい,カイロプラクティック,スポーツ,ダイエット,トレーニング,ヘルニア,不眠症,交通事故、労災(鞭打ち、むちうち),冷え症,分離症,四日市市,坐骨神経痛,婦人科疾患,寝違え,接骨院,整体,朝日町,東員町,東洋医学ってなに?鍼灸ってなに?,無痛ピンポイント骨格矯正,狭窄症,腰痛,膝痛,自律神経症状,菰野町,針灸,鍼灸,関節リウマチ,骨格矯正,骨盤矯正

職場や同級生などをみていると、女性の方の方が男性よりも腰が痛いといっている人が多いようですが、女性の方が腰痛にかかりやすいのですか?という質問がよくあります。
確かにわたくしたちの外来でも腰痛のためにこられる女性は男性より多いのですが、厚生省の調査でも
年をとるとともに女性の方が男性よりも多くなっています。
「よくまあ、こんなにひどい腰の痛みがあるのにがまんをしているのですね」といいますと「年だからこれがあたり前と思っていました」「いろいろ腰痛治療したけれどちっともかわらんから」など、あたり前だとか、あきらめている方が多いのにはびっくりします。
年をとるとふえて、腰痛をおこすとされる病気に、背骨に棘が出て変形をおこす「変形性脊椎症」、背骨と背骨の間にあるクッションのはたらきをする軟骨(椎間板)がいたんでおこる「椎間板障害」、骨がもろくなってくる「骨粗しょう症」、背骨がズレをおこす「変形脊椎すべり症」などがあります。
そのほかに中高年女性が腰痛で病院にかかって受ける診断で多い病気にレントゲン写真などに異常が見られない「腰痛症」があります。
病院にかかる率(受療率)を男性と比べると女性の「骨粗しょう症」がとびぬけて多く「腰痛症」がこれに次いでいます。「椎間板障害」は年をとってもほとんど変わらず、「脊椎症」はむしろ減っていきます。

当院へのアクセス情報

ふじた針灸接骨院


所在地〒512-1202 三重県四日市市あがたが丘1-20-7
電話番号059-325-4976
駐車場7台(専用駐車場)
休診日月曜午前、日曜・祝日
お盆、正月、GW
院長藤田 武俊