MENU
TEL LINE

病院へ行くべき基準➀

2017.08.26 | Category: しびれ,カイロプラクティック,ヘルニア,坐骨神経痛,接骨院,整体,東洋医学ってなに?鍼灸ってなに?,無痛ピンポイント骨格矯正,狭窄症,腰痛,自律神経症状,針灸,鍼灸,関節リウマチ,骨格矯正

 腰痛で医者にかかる場合、二通りのかかりかたがあります。一つは、一刻も早く病院へ行かなければならない場合、もう一つは、急ぐわけではないが、あまり放っておかずに受診したほうがよい場合、です。
 急いで受診しなければならない場合とは、急激な痛みにともなって、排尿ができなくなった場合です。これは急激な馬尾の障害を意味し、放っておくと排尿が自由にできないようになってしまいます。緊急に手術が必要になります。巨大な椎間板ヘルニアや馬尾の腫瘍が原因であったりします。ですから、尿がきちんと出るようなら、少し安静にして様子をみてもよいということになります。

当院へのアクセス情報

ふじた針灸接骨院


所在地〒512-1202 三重県四日市市あがたが丘1-20-7
電話番号059-325-4976
駐車場12台(専用駐車場)
休診日月曜午前、日曜・祝日
お盆、正月、GW
院長藤田 武俊