MENU
TEL LINE

腰痛が強いときの姿勢①

2017.08.17 | Category: しびれ,めまい,カイロプラクティック,スポーツ,トレーニング,ヘルニア,坐骨神経痛,接骨院,整体,東洋医学ってなに?鍼灸ってなに?,無痛ピンポイント骨格矯正,狭窄症,腰痛,自律神経症状,針灸,鍼灸,関節リウマチ,骨格矯正

 前の質問でもでてきましたが、横向きに寝て少し丸くなると腰痛をあまり感じなくてすむようです。また、枕や布団をからだの前後に置いてください。腰が不意に動くのを予防することになります。体位をかえるときには、ゆっくりおなかに力を入れてからだ全体を一本の棒のようにして、足と上体が一緒に動くようにします。腰をねじらないようにするためです。両足の間には枕を入れておくとよいでしょう。仰向けのほうが休みやすい人は、ひざの下に枕をあてがってみましょう。そのほうが楽な場合があります。寝具は、起きる場合のことを考えるとベッドのほうをおすすめします。保温にも気をつけましょう。痛みが強いと、筋肉は意識しなくても緊張状態にあります。冷えると緊張が強まり、筋肉の痛みが強くなってくるからです。

当院へのアクセス情報

ふじた針灸接骨院


所在地〒512-1202 三重県四日市市あがたが丘1-20-7
電話番号059-325-4976
駐車場12台(専用駐車場)
休診日月曜午前、日曜・祝日
お盆、正月、GW
院長藤田 武俊