MENU
TEL LINE

急な腰痛の応急処置

2017.08.17 | Category: しびれ,カイロプラクティック,スポーツ,トレーニング,ヘルニア,坐骨神経痛,接骨院,整体,東洋医学ってなに?鍼灸ってなに?,無痛ピンポイント骨格矯正,狭窄症,腰痛,自律神経症状,針灸,鍼灸,関節リウマチ,骨格矯正

 急な腰痛に襲われたときは、まず痛みをあまり感じないですむ、楽な姿勢をとることです。痛みがないことはなにをやってもよいのですが、痛みが増すようなことはできるだけ避けるようにします。一般に寝ているのがいちばんよいのですが、仰向けになるとかえってつらいことがあります。横向きに寝た姿勢(側臥位)が楽な場合が多いようです。これは、痛みの原因となる腰椎の前後方向のたわみ(前弯)を強制しないで、自分にあった痛みの少ないたわみを選べることによると思われます。このような姿勢をとれば、じっとしていてもひどく痛むということはふつうなくなります。それでもひどく痛むときは、入院も考えて整形外科に行ったほうがよいかもしれません。安静にしていても痛みが強いときは、特別な病気のことも考えられるからです。

当院へのアクセス情報

ふじた針灸接骨院


所在地〒512-1202 三重県四日市市あがたが丘1-20-7
電話番号059-325-4976
駐車場12台(専用駐車場)
休診日月曜午前、日曜・祝日
お盆、正月、GW
院長藤田 武俊