MENU
TEL LINE

骨と筋肉を強化するにはどんな注意が必要か➀

2017.08.12 | Category: しびれ,カイロプラクティック,スポーツ,トレーニング,ヘルニア,坐骨神経痛,接骨院,整体,東洋医学ってなに?鍼灸ってなに?,無痛ピンポイント骨格矯正,腰痛,自律神経症状,針灸,鍼灸,関節リウマチ,骨格矯正

 重力の無い宇宙空間で長く生活すると、骨量が減ってくることが知られています。また、重力のある地上でも、寝たきりになると骨量や筋肉の容積が減ってしまいます。寝たきりでなくても、脳卒中などで麻痺をおこしたときのも四肢の骨量はやはり減ってきます。これを廃用萎縮といいますが、使われることの少なくなった組織は正常に機能していた状態を保てなくなることをあらわしています。骨や筋肉は、使われていることを刺激にして、その機能と形を保っているからです。

当院へのアクセス情報

ふじた針灸接骨院


所在地〒512-1202 三重県四日市市あがたが丘1-20-7
電話番号059-325-4976
駐車場12台(専用駐車場)
休診日月曜午前、日曜・祝日
お盆、正月、GW
院長藤田 武俊