MENU
TEL LINE

手術が必要かどうかの判定材料にもなる腰部硬膜外ブロック➀

2017.07.07 | Category: しびれ,カイロプラクティック,スポーツ,トレーニング,ヘルニア,坐骨神経痛,接骨院,整体,無痛ピンポイント骨格矯正,狭窄症,腰痛,針灸,鍼灸,関節リウマチ,骨格矯正

 硬膜外ブロックには二種類あります。一つは注射を一回ごとにするもの、もう一つは、細いチューブを付けたまま持続的に薬液を注入する方法です。両者とも仙骨硬膜外ブロックと同じ目的で行われ、薬液も基本的に同じ場所に注入されます。おもに使用するくすりは局所麻酔剤で、これに炎症を抑える目的でステロイドホルモンを加えることもあります。

当院へのアクセス情報

ふじた針灸接骨院


所在地〒512-1202 三重県四日市市あがたが丘1-20-7
電話番号059-325-4976
駐車場12台(専用駐車場)
休診日月曜午前、日曜・祝日
お盆、正月、GW
院長藤田 武俊