MENU
TEL LINE

痛みの時間を短くする消炎鎮痛剤➁

2017.07.03 | Category: カイロプラクティック,スポーツ,トレーニング,ヘルニア,坐骨神経痛,接骨院,整体,無痛ピンポイント骨格矯正,狭窄症,腰痛,関節リウマチ,骨格矯正

 内服薬は食事の直後にのむと胃腸障害がおきにくいようです。空腹時の服用は、よほど胃に自身がなければ避けた方が賢明です。空腹時に痛みが強くどうしても消炎鎮痛剤をのみたいときは、牛乳といっしょにのんだり、なにか少し食べてからのんだりするとよいでしょう。
 この点、座薬は内服薬に比べて胃腸障害が少なく、胃腸の弱い人にも比較的使いやすいくすりです。効果も内服薬より強いようです。ただし、痔のある人はただれが強くなることもあるようです。銀紙のようなものに包まれているピストルの弾状のものを肛門から差し込むのですが、慣れればたいへん便利な薬です。

当院へのアクセス情報

ふじた針灸接骨院


所在地〒512-1202 三重県四日市市あがたが丘1-20-7
電話番号059-325-4976
駐車場12台(専用駐車場)
休診日月曜午前、日曜・祝日
お盆、正月、GW
院長藤田 武俊