MENU
紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

理学療法とはどのようなものか➁骨盤牽引によって筋肉の緊張をとる

2017.06.28 | Category: しびれ,カイロプラクティック,トレーニング,ヘルニア,坐骨神経痛,接骨院,整体,無痛ピンポイント骨格矯正,狭窄症,腰痛,針灸,鍼灸,関節リウマチ

  牽引はどんな腰痛に応用されるのか。筋膜性腰痛症は筋肉の緊張が高まることが腰痛の原因なので、良い適応です。椎間板ヘルニアでも、牽引はよく利用されています。これも腰の安静を目的としたものです。そのほか、変形性腰椎症や骨粗鬆症、腰部脊柱管狭窄症などでも使われています。これは、腰の痛みに筋肉の緊張が少なからず関与しているからといえます。
 しかし、牽引すると痛みがかえって強くなる場合があります。その理由はいろいろ考えられますが、大事なことは、痛みが強くなる場合はやらないほうがよいということです。ぎっくり腰などの急性腰痛の場合には、牽引するとよくないことが多いのです。とにかく、なんらかの治療を受けたら、その効果を医者にきちんと報告することが大切です。

当院へのアクセス情報

ふじた針灸接骨院


所在地〒512-1202 三重県四日市市あがたが丘1-20-7
電話番号059-325-4976
駐車場7台(専用駐車場)
休診日月曜午前、日曜・祝日
お盆、正月、GW
院長藤田 武俊