MENU
TEL LINE

Blog記事一覧 > 腰痛 > 腰痛の治療➁ぎっくり腰の場合は症状をみて決める

腰痛の治療➁ぎっくり腰の場合は症状をみて決める

2017.06.27 | Category: 腰痛

 腰痛の発作がはじめてのときや軽いときは、三日もすればトイレなどの用はずいぶん楽にできるようになります。着替えができるようなら、入浴もよいと思います。入浴するととても楽であれば、進んで入ってもかまいません。原則的に、やってみて気持ちのよいことはなんでもやってよいのです。ただし、痛みが強くて食事もできないようなら、やっぱり診てもらって、痛み止めをもらったほうがよいでしょう。
 急性の痛みがやわらいだら、どうすればよいでしょうか。ぎっくり腰はしばしば繰り返します。そのたびに慢性化して、腰の痛みや違和感、腰のはる感じが長引くようになっていきます。またやがてヘルニアになって、神経根を刺激するようになり、下肢の症状がでてくることもあります。そういうことを考えると、急性の腰痛がおさまったら、予防を考えて病院にかかるべきだといえます。

当院へのアクセス情報

ふじた針灸接骨院


所在地〒512-1202 三重県四日市市あがたが丘1-20-7
電話番号059-325-4976
駐車場12台(専用駐車場)
休診日月曜午前、日曜・祝日
お盆、正月、GW
院長藤田 武俊