MENU
TEL LINE

Blog記事一覧 > 首痛 > 神経が関係する首の痛み④

神経が関係する首の痛み④

2017.06.26 | Category: 首痛

 寝違えなどによって椎骨どうしをつなぐ関節部分(椎間関節、ファセット)の靭帯に生じると思われる痛みに対しては、ファセットブロック注射(背骨後部の突起の付近に行い、局所的に痛みをやわらげる)が有効であることが少なくありません。
 これに対して脊髄が圧迫されているときに生じる首の痛みには、起き上がって長時間座ったり体をまっすぐにして座ったとき、あるいは立っているときに強まるという特徴があります。
 また関連痛として、背中をまっすぐにして執務すると痛みが非常に強くなり、ついソファーなどで体を横にしたくなります。列車や飛行機に姿勢をまっすぐにして乗るのがつらいという訴えもよく聞かれます。
こうした症例はいずれも、筋骨格系の痛みとは明らかに異なるものです。

当院へのアクセス情報

ふじた針灸接骨院


所在地〒512-1202 三重県四日市市あがたが丘1-20-7
電話番号059-325-4976
駐車場12台(専用駐車場)
休診日月曜午前、日曜・祝日
お盆、正月、GW
院長藤田 武俊