MENU
紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

腰痛④

2018.06.12 | Category: YNSA,いなべ市,しびれ,めまい,カイロプラクティック,スポーツ,ダイエット,トレーニング,ヘルニア,不眠症,五十肩,交通事故、労災(鞭打ち、むちうち),冷え症,分離症,四日市市,坐骨神経痛,婦人科疾患,寝違え,川越町,接骨院,整体,朝日町,東員町,無痛ピンポイント骨格矯正,狭窄症,耳鳴り・難聴,肩こり,肩こり治療,肩痛,背中痛,腰痛,腰痛治療,膝痛,自律神経症状,菰野町,針灸,鍼灸,関節リウマチ,頭痛,首痛,首痛治療,骨格矯正,骨盤矯正

「子宮がん」などがすすんで腰をいためることもありますので、そのための注意はいります。しかし全体としてみるときわめて少ないということです。ほかに年をとると男性よりも腰がいたくなるような病気は見あたりません。
更年期にはホルモンのバランスがくずれて、全身を調整している自律神経のはたらきがうまくいかなくなる「自律神経失調症」がおこりやすくなります。
「更年期障害」というのはこのバランスがくずしておこす症状のことをいいます。
そして腰痛は肩こり、頭痛、疲れやすい、のぼせるなどの症状とともに「更年期障害」でいちばん多い症状の一つなのです。
すなわち自律神経のはたらきがうまくいかないと腰痛をおこすのです。しかも「自律神経失調症」の患者さんは生理がとまってもふえつづけ、65歳前後がいちばん多く、男性よりもはるかに多くなります。このように全身に症状が出やすい中高年の女性の腰痛は「自律神経失調症」が増えていることと関係が深いと考えています。

ではなぜ男性とくらべて女性に腰痛が多いのですか?
女性は妊娠・お産、育児などのもっとも大切な人類を生み、育てる役割を果たすため、
からだのつくりもはたらきも男性とは大きく違っています。

まず第一に骨盤のつくりが妊娠やお産に都合よくできています。骨盤が横に広く、お腹の赤ちゃんを安全にまもり、お産もしやすくできています。
このため女性では骨盤の中の血管がたくさんあって、とくに静脈が多いためうっ血しやすくなります。したがってじっと立っていたり、坐ったりしている間は地球の引力がはたらいて、骨盤の中はうっ血しやすい、俗に「古血(ふるち)がたまる」ようになります。
女性は妊娠やお産の時にはホルモンがはたらいて、骨盤の関節がゆるんで赤ちゃんが傷つかないようにまもっています。

お産のあとも関節がゆるみやすく、骨盤がズレる「骨盤輪不安定症」や背骨が前の方にズレてくる「変形脊椎すべり症」などがおこり腰痛の原因になるとされていますが、あとでくわしくお話しします。

腰痛③

2018.06.12 | Category: YNSA,いなべ市,しびれ,めまい,カイロプラクティック,スポーツ,ダイエット,トレーニング,ヘルニア,不眠症,五十肩,交通事故、労災(鞭打ち、むちうち),冷え症,分離症,四日市市,坐骨神経痛,婦人科疾患,寝違え,川越町,接骨院,整体,朝日町,東員町,無痛ピンポイント骨格矯正,狭窄症,耳鳴り・難聴,肩こり,肩こり治療,肩痛,背中痛,腰痛,腰痛治療,膝痛,自律神経症状,菰野町,針灸,鍼灸,関節リウマチ,頭痛,首痛,首痛治療,骨格矯正,骨盤矯正

一方腰痛と関係が深い足(下肢)の症状についてみてみましょう。「坐骨神経痛」で病院にかかっている人は中高年女性がいちばん多く、同じ年代の男性と比べて5割も高いのです。
中高年女性では足(下肢)にいろいろな症状(痛い、しびれる、だるい、冷える、つる、力が入らない、よくつまずくなど)が出ています。診察すると足に力が入らない、固くなっているなどの症状が見られるのです
そのほか中高年女性の腰痛は首や肩、背中がこったり、疲れやすい、頭が痛いなどの症状がある人がとても多いのです。このように男性とくらべたときに症状のあらわれかたにちがいがあります。
このため骨の変化よりも中高年女性ではなにか全身に男性とちがった変化が出ているのではないかと思われます。
ぜひ注目していただきたいと思います。
ところで「腰が痛い」というと「婦人科が悪いのでは?」といわれたりしたことはありませんか?このように原因となる病気があるところから離れたところが痛むのを「関連痛」といいます。
お腹の病気で腰がいたくなるのは胃や肝臓の病気、腎臓の病気、婦人科の病気などいろいろあります。
しかし、女性では年をとるにつれてお腹のいたみは減っていき、男性とくらべても少なくなります。また年をとるにつれて「更年期障害」を除いて婦人科のかかる人も少なくなっています。したがってお腹の病気で腰がいたくなることは年をとるとともに減っていくので、中高年女性では少ないとみていいでしょう。

腰痛②

2018.06.12 | Category: YNSA,いなべ市,しびれ,めまい,カイロプラクティック,スポーツ,ダイエット,トレーニング,ヘルニア,不眠症,五十肩,交通事故、労災(鞭打ち、むちうち),冷え症,分離症,四日市市,坐骨神経痛,婦人科疾患,寝違え,川越町,接骨院,整体,朝日町,東員町,狭窄症,耳鳴り・難聴,肩こり,肩こり治療,肩痛,背中痛,腰痛,腰痛治療,膝痛,自律神経症状,菰野町,針灸,鍼灸,関節リウマチ,頭痛,首痛,首痛治療,骨格矯正,骨盤矯正

結論から申し上げますと、背骨がもろくなって起こる骨折や変形が腰痛の原因(それも半数の人は痛みがない)であって、ただ骨がもろくなっただけの「骨粗しょう症」では腰痛は起きないというのが整形外科の定説です。
ほとんどの中高年女性のレントゲン写真では骨がもろくなっているだけで骨折や変形はありません。いわば、年をとっておこるシワやハゲ・白髪などと同じ変化が骨に起こって、腰痛の原因という濡れ衣を着せられていることになります。このことは女性の腰痛を理解する上でいちばん大切なことです。
腰痛の原因について、はっきりいって先に述べた病気が原因とはわたくしにはとうてい思えません。なぜならば骨の変化はずっと前からあるのに腰痛は最近おこったとか、骨の変化はもとにもどることがないのに腰痛は軽くなったなど、腰痛と骨の変化が一致することが少ないからです。
しかし見方をかえて、わたくしたちの目的である「腰痛をとる」ということができるなら、その方法で腰痛の原因もはっきりすると思っています。わたくしたちは年に関係なく「いたみをとる」ことができると確信しているのです。

腰痛①

2018.06.12 | Category: YNSA,いなべ市,しびれ,めまい,カイロプラクティック,スポーツ,ダイエット,トレーニング,ヘルニア,不眠症,五十肩,交通事故、労災(鞭打ち、むちうち),冷え症,分離症,四日市市,坐骨神経痛,婦人科疾患,寝違え,川越町,接骨院,整体,朝日町,東員町,東洋医学ってなに?鍼灸ってなに?,無痛ピンポイント骨格矯正,狭窄症,耳鳴り・難聴,肩こり,肩こり治療,肩痛,背中痛,腰痛,腰痛治療,膝痛,自律神経症状,菰野町,針灸,鍼灸,関節リウマチ,頭痛,首痛,首痛治療,骨格矯正,骨盤矯正

「骨粗しょう症」・・・・・骨にすき間が出てきただけでは腰痛は起こりません。背骨がつぶれていても半数の人は症状がありません。したがって特別な場合を除いて、腰痛の原因とされているこれらの変化をただちに腰痛の原因とするのは大いに問題があります。

このため病院にかかる人が多く、レントゲン写真を撮ったら、変形があったため「(変形性)脊椎症」の診断がついているのではないかと思います。
もう一つは骨がもろくなっておこる「骨粗しょう症」です。
この病気は生理が止まる50歳頃から増えてきます。この病気で病院に通っている女性は男性の数倍以上にもなっているのです。
なぜ年をとると女性に腰痛が増えるのか骨の変化から説明するにはこの病気しかありません。男性に多い骨の変化では女性に腰痛が多い説明にならないし、「変性脊椎すべり症」などは数が少なくて統計上の影響は少ないからです。
したがって「骨粗しょう症」が中高年女性の腰の痛みと関係があるのかどうかが一つの大きな決め手になります。

休診のおしらせです。

2018.06.01 | Category: YNSA,いなべ市,ご案内,しびれ,めまい,スポーツ,ヘルニア,不眠症,五十肩,交通事故、労災(鞭打ち、むちうち),冷え症,分離症,四日市市,坐骨神経痛,婦人科疾患,寝違え,川越町,東員町,東洋医学ってなに?鍼灸ってなに?,狭窄症,耳鳴り・難聴,肩こり,肩こり治療,肩痛,背中痛,腰痛,腰痛治療,膝痛,自律神経症状,菰野町,針灸,鍼灸,関節リウマチ,頭痛,首痛,首痛治療

早いものでもう6月ですね。今年も半年が過ぎようとしてます。

6月4日(月)~6月6日(水)は

YNSA宮崎セミナーに参加する為休診とさせていただきます。

しっかりと学んできます。ご迷惑おかけしますがよろしくお願い致します。

ふじた針灸接骨院 藤田武俊

GWのお知らせです

2018.04.10 | Category: YNSA,ご案内,めまい,五十肩,四日市市,坐骨神経痛,接骨院,整体,耳鳴り・難聴,肩こり,肩痛,背中痛,腰痛,自律神経症状,菰野,針灸,鍼灸,頭痛,首痛,首痛治療,骨盤矯正

皆さんいかがお過ごしでしょうか?
最近は暖かくなってきましたが、まだ寒い日もあり気温差がとてもありますので自律神経のバランスが崩しやすいのです。

当院の今年のゴールデンウイークは5月3(木)~7日(月)になります(29日、30日は日曜日、月曜日なので当院の休診日となってます)。

最近は当院では、腰痛、首痛などを痛められている方や、痛みが再発されている方や、めまい、耳鳴りが再発されて当院に駆け込まれている方がとても多いです。皆さん体調には十分注意してください。

緊急の際はメールやライン@から受け付けております。※HP参照下さい。
交通事故等の緊急連絡先は050-5218-0415です。

検査では異常がない慢性の腰痛

2018.01.12 | Category: いなべ,いなべ市,しびれ,カイロプラクティック,トレーニング,ヘルニア,四日市,四日市市,坐骨神経痛,川越町,接骨院,整体,朝日町,東員,東員町,東洋医学ってなに?鍼灸ってなに?,無痛ピンポイント骨格矯正,狭窄症,腰痛,腰痛治療,自律神経症状,菰野,菰野町,針灸,鍼灸,関節リウマチ,骨格矯正,骨盤矯正

 腰痛はなぜ起こるのか・・・腰痛をもつ人にとっては原因が気になるものです。しかし、単純エックス線写真はもちろん、MRIでもCTでも、あるいは血液の検査でも、これといったら異常が見つからない腰痛もあります。このような腰痛は、新家学的な所見もなく、症状はいわゆる腰痛です。腰痛といっても鋭い痛みではなく、腰がはったような感じを訴えます。このような腰痛を、医者は筋筋膜性の腰痛と考えていますが、これを証明するリトマス試験紙のような検査はないのです。
 筋筋膜性の腰痛症に関連しますが、不良姿勢が腰痛の原因となることもよく知られています。推測になりますが、腰に負担のかかる姿勢が筋肉や筋膜あるいは椎間板にストレスを与え、このストレスを耐えようと筋肉が緊張して痛みがおきるのではないかと思われます。この痛みがさらにストレスの一つとなって、筋肉の緊張が高まり悪循環がつづくのだと考えられます。筋肉の緊張がつづくと、筋肉内の血管もつぶれて血液の流れが悪くなり、老廃物がたまりやすくなります。これがさらに悪い環境をつくりだすことになります。

年末年始のお知らせ

2017.12.12 | Category: ご案内

年末年始のお知らせです。

12月28日から1月3日までお休みさせていただきます。

1月4日より、通常通り営業しておりますので、よろしくお願いいたします。

腰痛は女性に多い?③

2017.11.18 | Category: YNSA,いなべ市,ご案内,しびれ,めまい,カイロプラクティック,スポーツ,ダイエット,トレーニング,ヘルニア,不眠症,五十肩,交通事故、労災(鞭打ち、むちうち),冷え症,分離症,受付,四日市市,坐骨神経痛,婦人科疾患,寝違え,川越町,接骨院,整体,朝日町,東員町,無痛ピンポイント骨格矯正,狭窄症,耳鳴り・難聴,肩こり,肩こり治療,肩痛,背中痛,腰痛,腰痛治療,膝痛,自律神経症状,菰野町,針灸,鍼灸,関節リウマチ,頭痛,首痛,首痛治療,骨格矯正,骨盤矯正

「骨粗しょう症」・・・・・骨にすき間が出てきただけでは腰痛は起こりません。背骨がつぶれていても半数の人は腰痛症状がありません。したがって特別な場合を除いて、腰痛の原因とされているこれらの変化をただちに腰痛の原因とするのは大いに問題があります。腰痛治療は可能であり、当院での腰痛治療は得意としてます。骨粗しょう症の方も安心して腰痛治療が可能です。

このため病院、接骨院、針灸にかかる人が多く、レントゲン写真を撮ったら、変形があったため「(変形性)脊椎症」の診断がついているのではないかと思います。
もう一つは骨がもろくなっておこる「骨粗しょう症」です。
この病気は生理が止まる50歳頃から増えてきます。この病気で病院に通っている女性は男性の数倍以上にもなっているのです。
なぜ年をとると女性に腰痛が増えるのか骨の変化から説明するにはこの病気しかありません。男性に多い骨の変化では女性に腰痛が多い説明にならないし、「変性脊椎すべり症」などは数が少なくて統計上の影響は少ないからです。
したがって「骨粗しょう症」が中高年女性の腰の痛みと関係があるのかどうかが一つの大きな決め手になります。
結論から申し上げますと、背骨がもろくなって起こる骨折や変形が腰痛の原因(それも半数の人は痛みがない)であって、ただ骨がもろくなっただけの「骨粗しょう症」では腰痛は起きないというのが整形外科の定説です。
ほとんどの中高年女性のレントゲン写真では骨がもろくなっているだけで骨折や変形はありません。いわば、年をとっておこるシワやハゲ・白髪などと同じ変化が骨に起こって、腰痛の原因という濡れ衣を着せられていることになります。このことは女性の腰痛を理解する上でいちばん大切なことです。
腰痛の原因について、はっきりいって先に述べた病気が原因とはわたくしには到底思えません。
当院では原因はレントゲンでわからない事がたくさんあります。
当院では病院で原因不明、異常なしといわれた患者様についても治療してます。レントゲンや画像で以上が無くても、当院の触診で徒手検査で異常が見つかることが多いです。
当院は腰痛治療を得意としてます。どこに行ってもよくならない方がよくなってます。一度当院の腰痛治療を受けて頂き、驚異的な変化をご自身の体で体幹してください。

患者様の声 90代男性 首垂れ症(首がだんだん前に落ちてしまう状態)

2017.11.18 | Category: いなべ市,しびれ,めまい,カイロプラクティック,ヘルニア,不眠症,四日市市,坐骨神経痛,川越町,接骨院,整体,朝日町,東員町,無痛ピンポイント骨格矯正,狭窄症,耳鳴り・難聴,肩こり,肩こり治療,肩痛,背中痛,腰痛,腰痛治療,自律神経症状,菰野町,関節リウマチ,頭痛,首痛,首痛治療,骨格矯正,骨盤矯正

長年長時間下を向いて仕事をしていたため、だんだん首が前に落ちてしまし『首垂れ症』という状態になってしまいました。
まさか自分が!?と悩んでましたhが、悩んでいても解決する事がないのは自分でもわかっていました。
知り合いにふじた針灸接骨院を紹介してもらってから、無痛ピンポイント骨格矯正を受け、自分でも首を動かしたり、運動をするようになりました。途中で良くなったと思ったら転んで頭を打ってしまったことが2度もあり、そこまでもまた治療をしてもらいながらご指導頂き、自分でも首や肩甲骨を動かしてもっともっと改善するように努力している最中です。

院長からの一言
この方は首垂れ症と言われてますが、円背もすすんでおり、頸部ヘルニア、腰部ヘルニア、腰椎脊柱管狭窄症もあり、頭痛、不眠、首痛、腰痛、肩こりもひどかったです。第一、第二頸椎のずれが大きな問題となってました。無痛ピンポイント骨格矯正にて、第一、第二頸椎を矯正した事で、姿勢がとてもよくなり、首垂れの症状も少し改善し、肩こり、首痛はほぼ無くなりました。その後、下部頸椎、腰椎を矯正し、腰部痛も一回の施術で半分くらいの状態になりました。
週二回の施術を一カ月間と毎日のセルフケアで、最初のころは治療直後は症状が軽くなって翌日には戻ってましたが、一カ月続けられてもとに戻らなくなってきました。2カ月目から週一回の施術に変更してます。90代の方であきらめてましたが、変化があって大変喜ばれてました。

当院へのアクセス情報

ふじた針灸接骨院


所在地〒512-1202 三重県四日市市あがたが丘1-20-7
電話番号059-325-4976
駐車場7台(専用駐車場)
休診日月曜午前、日曜・祝日
お盆、正月、GW
院長藤田 武俊