MENU
TEL LINE

GWのお知らせです

2018.04.10 | Category: YNSA,ご案内,めまい,五十肩,四日市市,坐骨神経痛,接骨院,整体,耳鳴り・難聴,肩こり,肩痛,背中痛,腰痛,自律神経症状,菰野,針灸,鍼灸,頭痛,首痛,首痛治療,骨盤矯正

皆さんいかがお過ごしでしょうか?
最近は暖かくなってきましたが、まだ寒い日もあり気温差がとてもありますので自律神経のバランスが崩しやすいのです。

当院の今年のゴールデンウイークは5月3(木)~7日(月)になります(29日、30日は日曜日、月曜日なので当院の休診日となってます)。

最近は当院では、腰痛、首痛などを痛められている方や、痛みが再発されている方や、めまい、耳鳴りが再発されて当院に駆け込まれている方がとても多いです。皆さん体調には十分注意してください。

緊急の際はメールやライン@から受け付けております。※HP参照下さい。
交通事故等の緊急連絡先は050-5218-0415です。

検査では異常がない慢性の腰痛

2018.01.12 | Category: いなべ,いなべ市,しびれ,カイロプラクティック,トレーニング,ヘルニア,四日市,四日市市,坐骨神経痛,川越町,接骨院,整体,朝日町,東員,東員町,東洋医学ってなに?鍼灸ってなに?,無痛ピンポイント骨格矯正,狭窄症,腰痛,腰痛治療,自律神経症状,菰野,菰野町,針灸,鍼灸,関節リウマチ,骨格矯正,骨盤矯正

 腰痛はなぜ起こるのか・・・腰痛をもつ人にとっては原因が気になるものです。しかし、単純エックス線写真はもちろん、MRIでもCTでも、あるいは血液の検査でも、これといったら異常が見つからない腰痛もあります。このような腰痛は、新家学的な所見もなく、症状はいわゆる腰痛です。腰痛といっても鋭い痛みではなく、腰がはったような感じを訴えます。このような腰痛を、医者は筋筋膜性の腰痛と考えていますが、これを証明するリトマス試験紙のような検査はないのです。
 筋筋膜性の腰痛症に関連しますが、不良姿勢が腰痛の原因となることもよく知られています。推測になりますが、腰に負担のかかる姿勢が筋肉や筋膜あるいは椎間板にストレスを与え、このストレスを耐えようと筋肉が緊張して痛みがおきるのではないかと思われます。この痛みがさらにストレスの一つとなって、筋肉の緊張が高まり悪循環がつづくのだと考えられます。筋肉の緊張がつづくと、筋肉内の血管もつぶれて血液の流れが悪くなり、老廃物がたまりやすくなります。これがさらに悪い環境をつくりだすことになります。

年末年始のお知らせ

2017.12.12 | Category: ご案内

年末年始のお知らせです。

12月28日から1月3日までお休みさせていただきます。

1月4日より、通常通り営業しておりますので、よろしくお願いいたします。

腰痛は女性に多い?③

2017.11.18 | Category: YNSA,いなべ市,ご案内,しびれ,めまい,カイロプラクティック,スポーツ,ダイエット,トレーニング,ヘルニア,不眠症,五十肩,交通事故、労災(鞭打ち、むちうち),冷え症,分離症,受付,四日市市,坐骨神経痛,婦人科疾患,寝違え,川越町,接骨院,整体,朝日町,東員町,無痛ピンポイント骨格矯正,狭窄症,耳鳴り・難聴,肩こり,肩こり治療,肩痛,背中痛,腰痛,腰痛治療,膝痛,自律神経症状,菰野町,針灸,鍼灸,関節リウマチ,頭痛,首痛,首痛治療,骨格矯正,骨盤矯正

「骨粗しょう症」・・・・・骨にすき間が出てきただけでは腰痛は起こりません。背骨がつぶれていても半数の人は腰痛症状がありません。したがって特別な場合を除いて、腰痛の原因とされているこれらの変化をただちに腰痛の原因とするのは大いに問題があります。腰痛治療は可能であり、当院での腰痛治療は得意としてます。骨粗しょう症の方も安心して腰痛治療が可能です。

このため病院、接骨院、針灸にかかる人が多く、レントゲン写真を撮ったら、変形があったため「(変形性)脊椎症」の診断がついているのではないかと思います。
もう一つは骨がもろくなっておこる「骨粗しょう症」です。
この病気は生理が止まる50歳頃から増えてきます。この病気で病院に通っている女性は男性の数倍以上にもなっているのです。
なぜ年をとると女性に腰痛が増えるのか骨の変化から説明するにはこの病気しかありません。男性に多い骨の変化では女性に腰痛が多い説明にならないし、「変性脊椎すべり症」などは数が少なくて統計上の影響は少ないからです。
したがって「骨粗しょう症」が中高年女性の腰の痛みと関係があるのかどうかが一つの大きな決め手になります。
結論から申し上げますと、背骨がもろくなって起こる骨折や変形が腰痛の原因(それも半数の人は痛みがない)であって、ただ骨がもろくなっただけの「骨粗しょう症」では腰痛は起きないというのが整形外科の定説です。
ほとんどの中高年女性のレントゲン写真では骨がもろくなっているだけで骨折や変形はありません。いわば、年をとっておこるシワやハゲ・白髪などと同じ変化が骨に起こって、腰痛の原因という濡れ衣を着せられていることになります。このことは女性の腰痛を理解する上でいちばん大切なことです。
腰痛の原因について、はっきりいって先に述べた病気が原因とはわたくしには到底思えません。
当院では原因はレントゲンでわからない事がたくさんあります。
当院では病院で原因不明、異常なしといわれた患者様についても治療してます。レントゲンや画像で以上が無くても、当院の触診で徒手検査で異常が見つかることが多いです。
当院は腰痛治療を得意としてます。どこに行ってもよくならない方がよくなってます。一度当院の腰痛治療を受けて頂き、驚異的な変化をご自身の体で体幹してください。

患者様の声 90代男性 首垂れ症(首がだんだん前に落ちてしまう状態)

2017.11.18 | Category: いなべ市,しびれ,めまい,カイロプラクティック,ヘルニア,不眠症,四日市市,坐骨神経痛,川越町,接骨院,整体,朝日町,東員町,無痛ピンポイント骨格矯正,狭窄症,耳鳴り・難聴,肩こり,肩こり治療,肩痛,背中痛,腰痛,腰痛治療,自律神経症状,菰野町,関節リウマチ,頭痛,首痛,首痛治療,骨格矯正,骨盤矯正

長年長時間下を向いて仕事をしていたため、だんだん首が前に落ちてしまし『首垂れ症』という状態になってしまいました。
まさか自分が!?と悩んでましたhが、悩んでいても解決する事がないのは自分でもわかっていました。
知り合いにふじた針灸接骨院を紹介してもらってから、無痛ピンポイント骨格矯正を受け、自分でも首を動かしたり、運動をするようになりました。途中で良くなったと思ったら転んで頭を打ってしまったことが2度もあり、そこまでもまた治療をしてもらいながらご指導頂き、自分でも首や肩甲骨を動かしてもっともっと改善するように努力している最中です。

院長からの一言
この方は首垂れ症と言われてますが、円背もすすんでおり、頸部ヘルニア、腰部ヘルニア、腰椎脊柱管狭窄症もあり、頭痛、不眠、首痛、腰痛、肩こりもひどかったです。第一、第二頸椎のずれが大きな問題となってました。無痛ピンポイント骨格矯正にて、第一、第二頸椎を矯正した事で、姿勢がとてもよくなり、首垂れの症状も少し改善し、肩こり、首痛はほぼ無くなりました。その後、下部頸椎、腰椎を矯正し、腰部痛も一回の施術で半分くらいの状態になりました。
週二回の施術を一カ月間と毎日のセルフケアで、最初のころは治療直後は症状が軽くなって翌日には戻ってましたが、一カ月続けられてもとに戻らなくなってきました。2カ月目から週一回の施術に変更してます。90代の方であきらめてましたが、変化があって大変喜ばれてました。

カイロプラクティックとは

2017.11.18 | Category: いなべ市,しびれ,めまい,カイロプラクティック,スポーツ,ダイエット,トレーニング,ヘルニア,不眠症,五十肩,交通事故、労災(鞭打ち、むちうち),冷え症,分離症,四日市市,坐骨神経痛,婦人科疾患,寝違え,川越町,接骨院,整体,朝日町,東員町,無痛ピンポイント骨格矯正,狭窄症,耳鳴り・難聴,肩こり,肩痛,背中痛,腰痛,膝痛,自律神経症状,菰野町,関節リウマチ,頭痛,首痛,骨格矯正,骨盤矯正

カイロプラクティックとの語源は手の技。ギリシャ語のchiro(手)prakticos(技術)を組み合わせた造語です。
私たちの健康をコントロールしているのは脳です。さまざまな不調の原因は、頸椎んのずれによる神経への圧迫が脳から発信される治癒力の伝達を阻害していることにあります。
その首のずれをアジャストメントトヨバレル頸椎を微調整する施術によって調整する事で、脳本来の神経伝達機能を取り戻し、ホメオスタシスが保たれた状態、つまり、自然治癒力が活性化している状態に導くことがカイロプラクティックの目的です。薬を使わず治療を行うのが大きな特徴です。

首痛、肩こり、腰痛などの不調の原因は首のずれにある!③

2017.11.18 | Category: YNSA,いなべ市,しびれ,めまい,カイロプラクティック,スポーツ,ヘルニア,不眠症,五十肩,交通事故、労災(鞭打ち、むちうち),冷え症,分離症,四日市市,坐骨神経痛,婦人科疾患,寝違え,川越町,接骨院,整体,朝日町,未分類,東員町,無痛ピンポイント骨格矯正,狭窄症,耳鳴り・難聴,肩こり,肩痛,背中痛,腰痛,膝痛,自律神経症状,菰野町,関節リウマチ,頭痛,首痛,骨格矯正,骨盤矯正

現在の痛みが軽い腰痛としても、以前は一晩寝れば治った痛みが、慢性的に続いているのであれば、やはり体の正常な回復機能が働いていないと考えられます。
正常な回復機能とは自然治癒力であり、自然治癒力が発揮できない状態とは不調が続く事であり、不調の原因とは、脳からの指令の遅れであり、脳の指令を阻害する原因とは、『頸椎のずれによる神経の束の圧迫』である。
という形になります。ですから『どうも最近身体の調子が良くない。歳かなぁ・・・』と感じたら首のずれを疑ってみてください。
しかし、整形外科に行ったところで、頸椎のずれによる神経圧迫は、前年ながらほとんどの場合見落とされてしまいます。たとえ骨の変形やストレートネックなどの診断が出たとしても、そこに同時に起きている頸椎のずれを指摘される事はまずありません。
現在なんらかの痛みや不調で首痛、肩こり、腰痛治療などをうけながらもそれが改善されてないようであれば、当院の無痛ピンポイント骨格矯正を受けてみて驚異の変化をご自身で体感してください。

首痛、肩こり、腰痛などの不調の原因は首にある②

2017.11.11 | Category: YNSA,いなべ市,しびれ,めまい,カイロプラクティック,スポーツ,ヘルニア,不眠症,五十肩,交通事故、労災(鞭打ち、むちうち),冷え症,分離症,四日市市,坐骨神経痛,婦人科疾患,寝違え,川越町,接骨院,整体,朝日町,東員町,無痛ピンポイント骨格矯正,耳鳴り・難聴,肩こり,肩痛,背中痛,腰痛,膝痛,自律神経症状,菰野町,針灸,鍼灸,関節リウマチ,頭痛,首痛,骨格矯正,骨盤矯正

他にも『ホメオスタシス(体内恒常性)』と呼ばれる、私たちが生きていく上で不可な体内を一定の状態に保つ働きがありますが、これらは全て脳から臓器へ自律神経をと通しての指令によって行われます。胃腸、肝臓などの臓器、器官は、そのしれをを実行しているだけですから、脳が働きを止めてしまうと、間もなく体全体の働きが停止します。これが『脳死』です。
私たちは脳の指令のもとに体を動かし、食べては排泄し、疲れては休み、不調なら寝込み、なんだかんだと健康を維持しているのです。首がずれるまでは・・・
転んだり、ぶつけたり、して首に強い衝撃が加わったり、長時間悪い姿勢を取り続けることで首、つまり頸椎がずれてしまうのです。
日常生活で頸椎がすこしずらいずれてしまうことは珍しくありませんし、人体の影響もほとんどありません。しかし、そのずれが大きくなると、脳からの指令を各臓器に送る為に体中にはりめぐらされている神経の束である脊髄を圧迫してしまうからです。そして、頸椎の中で最も重要な役割をもつ上部頸椎(頸椎の1番と2番)がずれてしまうと、それは脳の入り口をふさいでしまう事を意味します。
つまりずれた頸椎が脳からの神経をそがいすることで、体の臓器、器官は正常な働きができなくなってしっまうのです。

首痛、肩こり、腰痛などの不調の原因は首にある①

2017.11.11 | Category: YNSA,いなべ市,しびれ,めまい,カイロプラクティック,スポーツ,ヘルニア,不眠症,交通事故、労災(鞭打ち、むちうち),冷え症,分離症,四日市市,坐骨神経痛,婦人科疾患,寝違え,川越町,接骨院,整体,朝日町,東員町,無痛ピンポイント骨格矯正,狭窄症,耳鳴り・難聴,肩痛,背中痛,腰痛,自律神経症状,菰野町,針灸,鍼灸,関節リウマチ,頭痛,首痛,骨格矯正,骨盤矯正

私の治療院でよく交わされる会話です。
患者様『先生、長年の腰痛もちで・・・腰痛が治ると聞いて伺ったのですが・・・』
私『そうですか。いままで腰痛が治ってないなら、治療の仕方が悪いか、原因の見誤りか、症状が悪化しすぎているかどれかですが・・・
(検査後)これはおそらく首(頸椎)のずれが原因ですね』
患者様『え、首?腰痛なのに、首が原因なんですか?』
私『今のような腰痛を感じる前は、健康でしたか?』
患者様『はい』
私『健康だったと気でも、風邪をひいたり、筋肉痛になったり、肩こり、頭痛、めまい、みみなり、胃がもたれたり、二日酔いになったり、いろいろな不調を繰り返しながら、それでもちゃんと回復していましたか?』
患者様『いいえ回復がおこかったです、いままでは寝れば腰痛、肩こり、首痛、頭痛は治ったが、最近は寝てもなかなか治らない。最近はずっと不調のまま』
私『そのような状態であれば不調の原因は首にあるかもしれません。食べたものを消化、吸収し、残った物を排泄する。無意識でも呼吸を止めない。体温を一定に保つ血液中の成分を一定に保つなど、自律神経により体は調節されており、自律神経の中枢が頸椎のC1、C2の場所の延髄にあり、延髄を少しでも圧迫する事で自律神経の乱れが生じます。自律神経は痛みを司り、腰痛や首痛、肩こりも引き起こしやすく、痛みが取れにくくなります。』

腰痛は女性に多い?③

2017.11.11 | Category: YNSA,いなべ市,しびれ,カイロプラクティック,トレーニング,ヘルニア,交通事故、労災(鞭打ち、むちうち),分離症,四日市市,坐骨神経痛,婦人科疾患,寝違え,川越町,接骨院,整体,朝日町,東員町,無痛ピンポイント骨格矯正,狭窄症,背中痛,腰痛,自律神経症状,菰野町,針灸,鍼灸,関節リウマチ,首痛,骨格矯正,骨盤矯正

腰痛についていくつか紹介します。

「変形性脊椎症」・・・・・骨が変形して、トゲが出てきます。神経を突き刺すことは少ないのでシワだと思って下さい。

「椎間板障害」・・・・・脊椎の間の軟骨がすり減って間が狭くなります。若いときは「椎間板ヘルニア」のように後ろに飛び出して神経を傷つけることもありますが、年をとると少なくなります。

「変性脊椎すべり症」・・・・・中高年女性では背骨の間がゆがんできてズレをおこすことがあります。時々歩くと足がしびれたりすることがあります。あまり症状と関係がないという人もいます。

「骨粗しょう症」・・・・・骨にすき間が出てきただけでは腰痛は起こりません。背骨がつぶれていても半数の人は症状がありません。したがって特別な場合を除いて、腰痛の原因とされているこれらの変化をただちに腰痛の原因とするのは大いに問題があります。

当院へのアクセス情報

ふじた針灸接骨院


所在地〒512-1202 三重県四日市市あがたが丘1-20-7
電話番号059-325-4976
駐車場12台(専用駐車場)
休診日月曜午前、日曜・祝日
お盆、正月、GW
院長藤田 武俊